ブリザーブド フラワーって何ですか?

ブリザーブド フラワーは生花を特殊な液を使ってドライフラワー状態にした物です。

プリザーブとは、「保存」という意味です。
プリザーブド・フラワーは、最新の保存加工技術により、生花の新鮮な色合い、形、柔らかさを何年にもわたって、保ち続けることができる、まったく新しいお花です。

特殊加工して、ドライフラワーよりも鮮やかな色彩を保ち、まるで生花と見まがう位の鮮度を保ったアートフラワーです。

生花やドライ同様、デリケートなものですので、大抵はアクリルケースに入って飾り仕様にしてあると思います。

5年はそのままの色を保ちますので長い期間楽しめます。
物によって花びらの柔らかい物とばりばりの物があります。

花嫁さんでブリザーブドのブーケを持つ人も多いですね。
花束にして差し上げるのはマナー違反ではありませんが気を付けて持たないとバラバラに壊れます。

しなやかなブリザーブド フラワーでないと持ち運びの間に壊れてしまうこともあります。
発表会などお祝い事のような場合は生花の方が良いと思います。
なぜなら手渡しの時だけでも華を添えられる、生花の方がお祝い向きと思うからです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。